平和の灯

広島県広島市の広島記念公園内のある火、並びに火台のことを指している。

1964年8月1日に建立され、建立者は平和の灯建設委員会。設計には丹下健三氏が担当している。反核と恒久平和実現まで燃やし続けられている。

火種は、全国12宗派からの『宗教の火』、全国の工業地帯からの『産業の火』から持ってきており、その火種の一つには宮島弥山の「消えずの霊火」が用いられており、以後ずっと消えずに燃え続けている。

毎年『平和の灯リレー』として、ここから採火して広島県の市町村をリレーで一周している。過去には日本開催のアジア大会やユニバーシアードで聖火として採火されている。

!さよなら原発!

構造

鉄筋コンクリート構造で、高さ3m×幅13m×奥行8m。手首を合わせ、手のひらを大空にひろげた形を表現しており、その中央で火が焚かれている。

南側にある幅17m×長さ70mの池は『平和の池』と呼ばれている。1957年8月3日に、平和の塔よりも先に建立され、当初はその南側の原爆死没者慰霊碑の三方を取り囲む幅2mほどの小さなものでしかなかったが、平和の灯建立の際に現在の状況まで拡張された。

なお北から、原爆ドーム、平和の灯、慰霊碑、広島平和記念資料館、と同一南北軸線上に存在している。

沿革

1964年

  • 1月、核兵器禁止平和建設国民会議が建設を正式に公表。
  • 3月、平和の灯建設委員会初会合。
  • 5月26日、起工式。
  • 8月1日、点灯式。点火は、被爆日である1945年(昭和20年)年8月6日生まれの7人の広島の女性により行われた。以降、毎年8月1日に全国から数宗派があつまる「平和の灯まつり」を開催。

1974年8月

  • 毎年行って来た平和の灯まつりをこの年限りで中止。

1990年

  • 札幌冬季アジア大会において、聖火として採火された。

1994年

  • 広島アジア大会において、前回大会の北京で採火された聖火とここの平和の灯で採火された火を一つのトーチに集火され、聖火リレーが行われた。

2006年

  • 1月11日午前7時50分頃、平和の灯と平和記念像の台座、トイレに落書き。

2012年、2012年

  • FIFA U-20女子ワールドカップグループリーグD会場となった広島広域公園陸上競技場に灯す聖火に採用された。
NO NUKES!!!!

原爆の火

星野村の平和の塔で安置されている『原爆の火』の種火をこちらにも持ち込んで、ここでずっと燃やし続けている。原爆投下の広島の灯はあくまで星野村からの火を移しただけ物であり、本来の原爆の火は星野村の平和の塔で燃え続けているのが正真正銘の『原爆の火』となっている。